A∴A∴


A∴A∴は、一つの霊によって統合された一つの真実によって統率される内部の「団」である。

「団」は、V.V.V.V.V.から、熟練した存命の達人を通して、不断の「鎖」によって継続されている。「団」は「一つ」であるが、その機能は、「沈黙の内にある会話」「沈黙」「会話の内にある沈黙」という3つの様式から成る。「団」は、一なる「三角形の中の眼」として「一つ」である。

その設立以来、大衆は多数の名前で知られるA∴A∴の名声によって利益に与ろうとし、幾人かはその結果、欺かれてきた。いかにして本物から偽物を知ることができるであろうか? A∴A∴の団の原理は、明快かつ明確である。それらと相容れない方法で活動する人々は自動的にその会衆から除外される。それは個人に対して秘密の宣誓、あるいは服従の誓いを要求することはない。学びが提供されたとき、或いは「権威」によってその達成が承認された際においても、金銭が要求されることはない。「団」はロッジ、キャンパス、レクチャー・サークルなどのいかなるグループとしても機能することはない。「作業」の開始は、個人的かつ私的なものである。「団」のすべての志願者は、彼あるいは彼女に先んじて「径」に踏み込んだ者の指導の下に作業に従事し、その者もまた序列に従い、更に経験を積んだ者の支援を受けるという恩恵に与る。

A∴A∴は、入団に際する必要な前提条件として、如何なる他の団体との結び付きや、
「権威」によって規定されたとおぼしきカリキュラムとの提携を受け入れることを指示も推奨もしない。A∴A∴の「外なる学舎」の作業のために最適なものは、「団」によって規定され、「学徒カリキュラム」として準備されている。

人類への奉仕を誓い、「参入者達の一団」への参加を真摯に望む全ての人々に向けて、その扉は開かれている。